電車内での瞬眠(瞬間睡眠)について

最近、日本各地を移動しハードな日々が続いている私が瞬間睡眠(略して瞬眠)について述べようと思う。瞬眠とは電車内やバス内で10分から15分の短い間眠る睡眠方法である。うとうとしてから秒速で落ちるため瞬眠と名付けた。瞬眠の効果は凄く、睡眠時間は少ないもののかなり頭がすっきりする。結果夜の睡眠時間を減らせたり、電車内やバス内での暇潰しになるのだ。特に長距離バスや青春18切符を利用した旅の場合は暇であることが多いため、遊ぶ時間を増やせるし、かなり有効なものだと言えるだろう。このときにコツがある。これは聞き慣れた曲をリピートして流し続けることだ。そうすることで外部の雑音を遮断し、落ちやすくなる。ただ副作用がある。瞬間的に一気に深い眠りに落ちるためエネルギー消費は激しい。そのため瞬眠後はかなり腹が減る。また腹が減っているときは瞬眠をしにくい。しかしこれは食料を持参すれば済む話なので大した問題ではない。ということで私は瞬眠を勧める。

電車内での瞬眠(瞬間睡眠)について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です